いついろについて

 

織工房いついろは、淡路島にあります。

周りには染織材料が豊富にあり、恵まれた環境の中で制作をしています。

ひと昔前までは、家ではた織りをするという事は珍しい事ではありませんでした。

女性たちは、生活の中で自分や家族のために布を織っていました。

その頃の女性たちに習い、できる限り地元で採集、栽培した材料を使い織っていきたいと思っています。

そして長年愛用していただける布を目指して、日々制作しています。

主に手紡ぎ木綿、手積みの麻糸を草木染めし、着尺、帯、ショールなどを織っています。

 

山下絵里  プロフィール

1975年 淡路島に生まれる
2000年 倉敷本染手織研究所で染織の基礎を学ぶ
2002年 沖縄 宮古島で仲宗根みちこ氏に師事
2005年 淡路島に戻り織工房いついろを始める
この年よりグループ展に参加。個展を開催。

〒656-1344 兵庫県洲本市五色町鳥飼浦373-2
Tel/Fax  0799-34-0776

 

 

Weaving studio “Ituiro” is located in Awaji Island ,Hyogo prefecture, Japan.

There are plenty of dying and weaving materials around and I am making products in such a privileged environment.

It was not uncommon to weave at home at most only decades ago.

Women were used to weave cloth for themselves and their families in their every day lives.

I would like to learn from people of such ages and weave by using the materials which are collected and grown as much as possible in the local area.

And I am working on that fabric every day so that you can patronize for ages.

I am mainly making dying hand-span cotton,hand -made hemp and weave Kijyaku,Obi,Shawl etc.

 

Eri Yamashita   profile

1975     Born in Awaji island
2000    Learn the basic skills of dying and weaving at Kurashiki dying and weving Laboratory
2002    Studied under Mrs.Nakasone MIchiko in Miyako Island,Okinawa prifecture, Japan
2005    Return to Awaji Islamd. started workshop
from this year,participate in group exhibition and hold solo exhibitions.

373-2 Torikaiura,Goshiki-cho,Sumoto-shi,Hyogo,656-1344,Japan
Tel/Fax +81-799-34-0776

 

染料   Dye (採集、栽培したもの   collection and cultivation)
①玉ねぎ   Onion
②五倍子(ごばいし) Japanese sumac
③藍   Indigo
④矢車附子(やしゃぶし) Japanese green alder
⑤刈萱(かるかや)

 

素材   Material   
①手績みの苧麻(ちょま)  Hand-spun ramie
②手紡ぎの木綿・茶綿    Hand-spun cotton and brown cotton